iTunesのAppStoreが無くなった!? iTunes 12.7をiTunes 12.6に戻す方法

Gadget
Pocket

AppleはiTunes 12.7のリリースで、iTunesのインターフェースからApp管理などを削除してしまいました。

AppStoreでアプリを購入したり、iTunesのインターフェース上で購入したアプリの配置を変えたりすることができなくなってしまっています。

以前のバージョンの方が使い勝手が良かったと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はWindows版 iTunes 12.7を、iTunes 12.6に戻す方法を説明します。

 



 

 

作業の前にお願いですが、作業する際は必ずバックアップを取ってから行ってください!

そして作業はあくまでも自己責任でお願いしますね。

バックアップ(復元ポイントを作るなど)しておけば、問題があった場合の復旧が可能になりますので…

 

作業の流れ

バックアップを取る

復元ポイントを作成します。

 

ファイルの場所を確認しておく

iTunesの再インストール後に iTunes Library.itl というファイルを操作する必要があります。

アンインストールする前にファイルの場所を確認しておくことをお勧めします。

iTunes Library.itlファイルの場所を確認するには

1.iTunesを起動

2.編集→設定→詳細の順にメニューを開いていくと、「[iTunes Media]フォルダーの場所」が表示できます。

テキストなどにコピーして貼り付けしておくといいです。

 

iTunes12.7をアンインストールする

アンインストールは「アプリと機能」(モニターの左下にあるWindowsのマークを右クリック)から行えます。

 

 

iTunes 12.6のダウンロードとインストール

Apple公式サイトからWindows版のiTunes 12.6.3をダウンロードしてインストールする。

Appleのサポートリンク からWindowsの規格に合わせてアプリケーションをダウンロードしてください。

Windows32-bit Windows64-bit

 

itlファイルの操作

iTunesMediaフォルダのPrevious iTunes Librariesフォルダにある最新のitlファイルを、iTunes Library.itlにコピーして戻します。

Previous iTunes Librariesの中にはバックアップされた「iTunes Library+日付」のファイルがありますので、それをコピーして1つフォルダ階層を戻ってiTunes Libraryファイルを消し、先ほどコピーした日付入りのファイルを貼り付け、ファイル名の変更で日付以降の部分を削除して保存してください。

 



 

 

まとめ

これでiTunesを起動すると、App管理が復活しているはずです。

iTunesのライブラリも復元できていると思います。

iTunesはアンインストールしてもフォルダが残るらしく、データはそのまま使うことができます。

 

作業はあくまでも自己責任でお願いしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました